top of page

睡眠不足の身体を起こすべく

制作の休憩に行きつけの喫茶店に行き席に着くと

その日は相席で本を読む女性がいた

彼女はいつもタバコを噴かしながらコーヒーを飲んでいて

​彼女の手は無造作に動きながら揺れた煙の中でページをすすめた

その姿は静かな春の湖で水面を漂う生温い風の様で

遠い子供の頃に過ごした景色が一瞬フラッシュバックした

 

私の意識は湖面を深く潜り

あらゆる物と物の境界を感じながら

内向性と外交性を極限まで高め

やがて皮膚をも超えて水に溶け

風に揺れる水面の様に自然と同化し

辺りを漂った

指の隙間を流れた風に意識を移すと

tri.png
bottom of page